2.準備編

<楽天市場>出店方法&出店プラン

こんにちは、KEIKOです。

今回は、中国輸入ビジネスの販路の1つである楽天市場について、出店方法などを中心に、ご紹介したいと思います。

楽天市場の出店プラン

4つの出店プラン

楽天市場には4つの出店プランがあります。

「スタンダードプラン」を利用しているショップが多いようです。
なぜなら、システム利用料が低いことと画像容量が多いためです。

ちょっと厳しいなという方は「がんばれ!プラン」がいいと思います!
月商が約132万円を超えると「スタンダードプラン」が一番お得になるそうですので、まずは「がんばれ!プラン」からスタートし、月商が約132万円を超えたら「スタンダードプラン」に変更するという方法がおすすめです。

ぜひ一度、楽天市場の「出店プラン・費用」のページも確認してみてください。
月額費用のシミュレーションもできるようになっていますので、一度やってみるとイメージが掴めると思います!
→楽天市場の出店プラン・費用のページはこちら。

その他に実は、シークレットの「エンパワーメントプラン」というプランが存在します。
これは、楽天市場の営業から直接勧誘の連絡が来た場合にのみ入ることのできるプランで、Yahoo!ショッピングやamazonなど、他の販路でネットショップを運営していると勧誘が来ることがあります。
契約は1年のみなのですが、月額費用がどのプランよりも安いですので、楽天市場がどんな感じなのかをまずは試してみたいという方にはよいプランです。
楽天市場の営業から連絡が来た場合には、ぜひチャレンジしてみてください!

料金イメージ

結構複雑ですので、「スタンダードプラン」の場合で確認してみたいと思います。

  • 初期登録費用:60,000円
  • 月額出店料(税別):50,000円
  • システム利用料(税別):月間売上高の2.0%~4.5%

に加え、

  • システムサービス利用料:楽天ポイント店舗負担分(通常1.0%)やアフィリエイト報酬分など
  • R-Messe利用料:月額固定費(税別)5,000円
  • 楽天ペイ利用料:月間決済高などに応じて2.5%~3.5%

が必須でかかります。

さすが圧倒的な集客力を誇る楽天市場です・・・

わかりにくいと思いますので、楽天市場の「料金詳細」のページをよく確認してみてください。
→楽天市場の料金詳細のページはこちら。

楽天市場に出店しよう!

出店方法

まずは出店ページを開きましょう。
→楽天市場の出店ページはこちら。
こちらのページの「出店申込」より、申し込み手続きをすることができます。

ですが、できればまずは「資料請求」より進めるのがおすすめです!

いきなり出店申込を進めてももちろんいいのですが、個人の方の場合、おそらく行き詰まってしまうと思います。

事実、私は行き詰まりました!

なぜなら

  • 代表電話番号:必須(携帯電話番号は不可)
  • 代表FAX番号:必須
  • 連絡先メールアドレス:必須(フリーメール/携帯メールのアドレスは入力不可)

と書かれていまして、

『携帯電話しか持っていないし、FAXはそもそも持っていない。』
『メールアドレスもフリーメールしか持っていないし、どうしたらいいんだろう。』
となってしまい、必須項目の全てを記入することができなかったからです。

資料請求をするとすぐに各人に担当のコンサルタントがついてくれますので、上記の内容について具体的な対応策を教えてもらうことができ、無事に出店申込が完了できました!

楽天市場の出店審査は、基本的には、担当コンサルタントさんと二人三脚で進めていくのがおすすめです!
個人の場合ですと、開業届や印鑑証明書の提出はもちろん、ビジネスをしている場所=家の写真(外観・玄関・仕事部屋の計3枚)と商品写真・在庫写真が必要になります。
”こういう写真はNG”など細かい条件もありますので、とても一人ではスムーズには進めることができません・・・

資料請求をすれば資料もらえますしね^^
よければまずは「資料請求」より進めてみてください。

その後はとにかく担当コンサルタントさんの指示に従って、二人三脚で進めていけば大丈夫です!

出店審査には約2週間〜1カ月がかかります。

個人でも出店ができますが、個人の場合は個人事業主であることが前提となります。
まだ個人事業主ではないという方は、この機会に開業届を提出して個人事業主にチャレンジするのもいいかなと思います!
ただし、個人事業主となった場合には確定申告の必要が発生しますのでご注意ください。

必要書類など

個人事業主の場合、出店にあたっては以下の情報などが必要になります。

  • 開業届け写し
  • 住民税の納税証明書写し
  • 住民票&印鑑証明書(共に契約開始日より3カ月以内に発行されたもの)
  • 各種写真(家の写真:外観・玄関・仕事部屋の計3枚、商品写真、在庫写真)
  • 楽天銀行の口座開設

個人事業主でも、その人の状況によって提出する情報・書類などが一部変わることもあるようです。
担当コンサルタントさんの指示に従って、二人三脚で進めていけば大丈夫です。

必要書類などに関して詳しく確認したい方はこちらをご確認ください。
→楽天市場の「出店審査や取扱商材に関する注意事項」のページはこちら。

開店審査

出店審査が無事に通過した後には、開店審査があります!

どのようなことをしなくてはいけないのかというと、楽天市場の店舗運営システムRMSを通じて、

  • 決済の申請
  • 各種メールの設定(受注確認メールや発送連絡メールなど)
  • 店舗ロゴの設定
  • カテゴリの設定
  • 商品登録(1商品)
  • 発送や返品・交換などに関する設定

などが必要になります。

システムに慣れないこともありかなり手間取ります・・・
ですが、出店審査同様、各人に担当のアドバイザーがついてくれますので、担当アドバイザーさんの指示に従って、二人三脚で進めていけば大丈夫です。

開店審査にも約2週間〜1カ月がかかります。

とにかく時間がかかりますので、焦らずじっくりと開店準備を進めていきましょう!

その他、出店に関して詳しく確認したい方はこちらをご確認ください。
→楽天市場の「よくある質問」ページはこちら。

最後に

今回は、楽天市場の出店方法を中心に、簡単にご紹介させていただきました。

さすが圧倒的な集客力を誇る楽天市場です。

他のECサイトに比べ、出店申し込みから開店までの時間がかかりますし、料金もかなりの金額となります・・・

ですので、しっかりと気合いを入れて臨まなくてはなりません!

楽天市場でしっかりと結果を出すことができれば、売上大幅UPも夢ではありませんので、ぜひ楽天市場にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ただし、個人の場合は個人事業主であることが前提となります。
まだ個人事業主ではないという方は、もしよければこの機会に開業届を提出して、個人事業主にもチャレンジしてみてください。

料金体系や出店方法が変更されている可能性もありますので、出店申し込みをされる際には、事前に必ず楽天市場の出店用サイトの内容をしっかりと確認するようにしてください!

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 2.準備編

    <au Wowma!>出店方法と料金体系

    こんにちは、KEIKOです。今回は、中国輸入ビジネスの販路の1…

  2. 2.準備編

    <タオバオ>無料会員の登録方法

    こんにちは、KEIKOです。中国輸入の仕入先である「タオバオ」…

  3. 2.準備編

    特定商取引法とは?

    こんにちは、KEIKOです。今回は、ネット通販で物販ビジネスを…

  4. 2.準備編

    <Yahoo!ショッピング>出店方法と料金体系

    こんにちは、KEIKOです。今回は、中国輸入ビジネスの販路の1…

  5. 2.準備編

    <BASE>出店方法&料金体系

    こんにちは、KEIKOです。今回は、中国輸入ビジネスの販路の1…

  6. 2.準備編

    ショップ用の電話には「IP電話アプリ」が便利でおすすめ

    こんにちは、KEIKOです。ネットショップを始めるには、ショッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 3.リサーチ編

    リサーチって必要ですか?
  2. 1.マインドセット編

    ノウハウよりも大切なマインドセット
  3. はじめに

    中国輸入ビジネスとは
  4. 1.マインドセット編

    何事も楽しめたら最強!!!
  5. はじめに

    無在庫販売のメリット・デメリット
PAGE TOP