4.販売編

一販路?多販路?どっちがいいの?

こんにちは、KEIKOです。

今回のテーマは『一販路?多販路?どっちがいいの?』です。

ネットショップを運営す場所であるECサイトには、様々なサイトが存在します。

楽天市場、Amazon、Yahooショッピング!、BUYMA、Qoo10、au Wowma!、カラーミーショップ、MakeShop、BASE、etc…

どの販路がいいのでしょうか?
一販路に絞って徹底的にやった方がいいのでしょうか?
それとも、複数の販路を同時に運営した方がいいのでしょうか?

販路の2つのタイプ

販路には大きく分けて2つのタイプが存在します。

1つは、ショッピングモール型のECサイトです。
楽天市場、Amazon、Yahooショッピング!、BUYMA、Qoo10、au Wowma!などが該当します。

まさにショッピングモールのように、そのECサイトには「何か買いたい物がある」お客様がたくさん来ますので、自分で集客をする必要はありません。
そのECサイトを訪れたお客様に、たくさんあるショップの中から、いかに自分のショップの商品を見てもらえるかがポイントになります!

集客をしなくていいですので、楽な一方、手数料などが高めになります。
また各ECサイトのルールを守らなくてはなりませんので、ルールが急に変更となったり、違反するとアカウント停止になるなどのリスクがあります。
集客をしなくていいので初心者でも始めやすいのがこのタイプです。

もう1つは、独自ショップ型のECサイトになります。
カラーミーショップ、MakeShop、BASEも?がこれに該当します。

いわゆる街中にある個人店のようなイメージです。
誰も集客はしてくれませんので、インスタやツイッターなどのSNSを活用したり、チラシやショップカードを作って近所のお店に置いてもらったりして、自分で集客をしなくてはなりません。

集客がネックになりますが、集客に成功した場合には強いのが魅力です!
あなたのお店のファンになってくれたリピーターのお客様が多いはずですので、安定的にショップを運営していくことができるでしょう。
ECサイトのルール変更やアカウント停止のリスクもありませんので、自分のやりたいように自由な発想でショップを運営していくことが可能です。

中国輸入ビジネスの場合でしたら、ショッピングモール型のECサイトがおすすめです。
集客はしっかり勉強してないとなかなか結果がでませんので、特に初心者の方には難しいです。
ですが『こういうコンセプトのお店を本気でやりたい』『本気で稼ぎたい』のであれば、独自ショップ型のECサイトもぜひチャレンジしてほしいと思います!

稼ぎたいならもちろん多販路展開!

『一販路に絞って徹底的にやった方がいいのか?それとも、多販路の方がいいのか?』

こう聞かれたら、私はもちろん多販路展開をおすすめします。

当然ですが、多販路=お店の数が多い方が稼げる可能性は高いです。
ECサイトによって、顧客層にも違いがありますし、売れやすいカテゴリーなどにも違いがありますので、それら全てを狙った方が売上UPに繋がります。

とにかく稼ぎたい!のであれば多販路です。

そして、万が一アカウント停止になってしまった場合などにも、他販路展開にしておけば、突然収入がゼロになる心配もありません。

また、初心者の方の場合、一販路では「正しくビジネスを進めることができているのか」「何か間違っているのか」を判断するのが難しくなりますので、比較検討のためにも、そして経験にもなりますので、まずは多販路でショップを運営することをおすすめします!

あなたの状況に合わせて判断する

ある程度ネットショップの経験を積み、実績も出たのであれば、無理に多販路で運営する必要はありません。

あなたの状況や目指す方向によって、継続するのかやめるのか、取捨選択をしてみてもいいと思います。

多販路にすると、各ECサイトによってシステムの操作方法が当然違いますので、とにかく面倒です。。。
また、月額費用がかかる販路もありますので、売上が芳しくないのであれば、やめることを考えてみてもいいかもしれません。
販路によってあなたの扱う商材と合うor合わないの相性もありますので、あなたにとってベストな形になるよう、取捨選択の判断をしてみてください。

とは言え、多販路は『そこまで大変だ!』というほどではありませんのでご安心ください^^

私は1人で最高7販路を同時に運営していました。

外注編で詳しく書かせていただきますが、多販路展開をするのはプロに頼めば簡単にできます。
また他の記事でお話しておりますが、中国輸入ビジネスや物販ビジネスは非常にシンプルなビジネスですので、人やツールなどの他の力に任せて仕組化するのがおすすめです。
多少でも仕組化が出来てしまえば、想像されるよりも多販路を運営していくことは全然簡単だと思います。

せっかく出店審査を通過して出店までした訳ですので、まずは多販路でやってみて仕組化を積極的にトライしてみてから、やめるor辞めないの判断をされることをおすすめします!

最後に

今回は、販路の展開などについて、簡単にお伝えさせていただきました。

システム系が苦手な方は各ECサイトのシステムに慣れるまでは大変だと思いますが、何事もチャレンジ&経験を積んで損はないと思いますのでぜひ多販路にチャレンジしてみてください!

私のような面倒臭がりの場合は、考え出すと面倒で嫌になりがちですのでw、考える前に出店申し込みをしてしまって自分のお尻に火をつける作戦がおすすめですよ^^

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 4.販売編

    ネットショップの決済方法のまとめ

    こんにちは、KEIKOです。あなたがネットショップでお買い物を…

  2. 4.販売編

    保護中: 無在庫販売での決済方法選択のポイント

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 4.販売編

    <au Wowma!>商品登録の手順

    こんにちは、KEIKOです。今回は実践編です!中国輸入…

  4. 4.販売編

    <Qoo10>商品登録の手順

    こんにちは、KEIKOです。今回は実践編です!中国輸入…

  5. 4.販売編

    <楽天市場>商品登録の方法

    こんにちは、KEIKOです。今回は実践編です!中国輸入…

  6. 4.販売編

    保護中: 無在庫販売のデメリットへの対処方法②〜欠品〜

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. はじめに

    無在庫販売のメリット・デメリット
  2. はじめに

    中国輸入ビジネスとは
  3. 1.マインドセット編

    何事も楽しめたら最強!!!
  4. 1.マインドセット編

    ノウハウよりも大切なマインドセット
  5. 3.リサーチ編

    リサーチって必要ですか?
PAGE TOP