3.リサーチ編

モノレートって何だろう?

こんにちは、KEIKOです。

物販や転売ビジネスをされている方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

『モノレート』

今回は、amazonで売れている商品を見つけるのに役立つサイト「モノレート」の概要や具体的な機能などについて、ご紹介したいと思います。

追伸
2020年6月30日に、モノレートはサービス終了となってしまいました。
今後別のツールをご紹介していきたいと思います。

モノレートとは?

モノレートとは、amazonで売られている商品のランキングや価格推移などを「誰でも無料で」確認することができるとても便利なサイトです!

具体的には、出品者数、販売数、商品の最安値の価格変動、ランキングの推移などを確認することができます。

「その商品が過去にいくらで売れたのか」
「その商品が過去にどのくらいの個数売れたのか」

を知ることができるため、

「今後も売れそうな商品なのか」
「仕入れた場合の利益はいくらぐらいになりそうか」
「どのくらいの個数が売れそうか」

を見極めることができるのです!

またグラフで表示されるため、数字で見るより視覚的にわかりやすいのもポイントです。

そんな便利なツールを「誰でも無料で」使えるなんて本当にありがたいですよね^^

どんどん利用して、売れる商品をザクザク見つけていきましょう!

モノレートの基本的な使い方

今回はこちらの商品を例に、具体的に見ていきたいと思います。

①調べたい商品のASINをコピーする

amazonで見つけた商品の「ASIN」をコピーします。
商品ページを下の方にスクロールしていくと「登録情報」が出てきますので、その中にあるASINをコピーしてください。

②モノレートで検索

モノレートのサイトを開き、検索窓に①でコピーしたASINを貼り付け「グラフを見る」をクリックします。
→モノレートのサイトはこちら

これで準備OKです!

モノレートの基本的な見方

①コンディション別の概要

まず始めにコンディション別の概要データが表示さてれいます。
コンディション別の最安値や簡単なコスト計算ができるほか、「3ヵ月の販売個数」を知ることができます。

・直近3ヵ月間の販売個数=45個
・1出品者あたりの直近3ヵ月間の販売個数=45/15=3

amazonで1出品者あたり1ヵ月に1個売れている商品だとわかります。

②利益シミュレーター

amazoで販売した場合の利益を簡単にシミュレーションすることができます。
別に利益計算表を持っている場合は不要だと思いますが、今すぐパッと調べたい時には便利ですね^^

右上にある「詳細設定」をクリックすると、以下のような詳細画面が表示されます。
商品原価や出荷準備費用を分けて入力できるほか、設定条件を細かく変更することが可能です。

③最安値

この商品の最安値の推移を見ることができます。

グラフの真上には平均価格も表示されていますので、この価格で売れたと想定して、利益がどのくらい出るかどうかを計算することができます。

中国輸入の場合は新品商品を仕入れますので、必ず「新品」をクリックして見るようにしてくださいね。

各タブをクリックすることで、表示設定を変えることも可能です。
・プライム:プライム商品のON&OFF
・送料:送料込み価格のON&OFF

デフォルトで過去3ヵ月間のグラフが表示されますが、過去6ヵ月、過去12ヵ月、全ての期間のグラフを見ることも可能です。
右上の「6ヶ月」「12ヶ月」「すベて」をそれぞれクリックしてみてください^^

④出品者数

この商品の出品者数の推移を見ることができます。
グラフの真上には平均の出品者数も表示されています。

ライバル数を把握できるとても重要なデータです。
トータルの出品者数が15人ですので、かなり相乗り出品されている商品だとわかります!

⑤ランキング

この商品のランキング順位の推移を見ることができます。
グラフの真上には平均のランキング順位も表示されています。

売れる商品ほどランキングの変動が大きいため、グラフの形がギザギザになります!
逆にグラフがなだらかな場合は、ランキングの変動が少ない=売れていない商品ということになります。

⑥モノレートユーザー

このページのモノレートユーザーの推移を見ることができます。

「今見ているモノレートのページを1日に何人の人が見たか」を示しているのがこのグラフです。

amazonで商品を販売している人の多くがモノレートを利用していますので、モノレートユーザーの人数を把握することで、この商品の注目度がわかります。

モノレートユーザーが多いということは、この商品を「仕入れて販売している人」「これから販売しようとしている人」が多いと考えられますので、今後さらなる価格競争が起きるかもしれません。

⑦数字データ

各グラフの具体的な数字を表形式で確認することができます。
この数字を使えば細かい分析もできますね^^

最後に

グラフで見られるので本当にわかりやすいですよね。

しかも無料。

使わない理由がありませんw

amazonの商品をリサーチする場合にはぜひモノレートも合わせて利用し、売れる商品をザクザク見つけてほしいと思います^^

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 3.リサーチ編

    メルカリリサーチ

    こんにちは、KEIKOです。今回は、メルカリを使ったリサーチ方…

  2. 3.リサーチ編

    中国輸入での仕入禁止商品①〜偽物・コピー商品〜

    こんにちは、KEIKOです。商品を輸入し販売しようとする際、何…

  3. 3.リサーチ編

    オークファンを使ったリサーチ

    こんにちは、KEIKOです。今回は、オークファンを使ったリサー…

  4. 3.リサーチ編

    保護中: オークファンプロPlusを使って売れる商品をザクザク見つける方法

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  5. 3.リサーチ編

    保護中: BUYMAリサーチ②

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  6. 3.リサーチ編

    保護中: 無在庫販売でのリサーチの本音

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 1.マインドセット編

    何事も楽しめたら最強!!!
  2. 3.リサーチ編

    リサーチって必要ですか?
  3. はじめに

    無在庫販売のメリット・デメリット
  4. 1.マインドセット編

    ノウハウよりも大切なマインドセット
  5. はじめに

    中国輸入ビジネスとは
PAGE TOP